トップ > 活動内容 > 被災地支援


被災者の心身ストレスを和らげたい
地震などの自然災害を被災された方は、緊張や不安で首・肩のこわばりや不眠などの身体症状が現れやすいと言われています。私たちは被災者の心身のストレスを和らげて心を落ち着かせるお手伝いをしています。

<内容>
○被災地の避難所・仮設住宅等を訪問し、セラピューティック・ケアで心身のケアを行う。(エコノミークラス症候群等の予防含む)
○被災者本人だけでなく、自治体職員や医療関係者、支援者もケアすることで被災者の後方支援を行う。
○現地で被災者支援のボランティアをしてくれる方を対象に講習を行って実技を教授し、継続的にケアが届けられる態勢を作る。
○被災地支援のためのチャリティイベントを開催。

<対象>
一般の方、高齢者、障がい者、認知症の方、乳幼児~小学校低学年のお子様と保護者など


福岡西方沖地震
【活動日】2005年3月31日(木)
日本赤十字社福岡県支部からの依頼を受け、九州電力記念体育館(福岡市)に全島避難していた玄界島島民にセラピューティック・ケアを通じて心身のケアを行った。 この日以降も数回、同体育館にケアを届けた。そのうち1回は、授業カリキュラムにセラピューティック・ケアが組み込まれている平岡介護福祉専門学校(福岡県小郡市)の学生にも声をかけ、一緒にボランティアを行った。
東日本大震災


【活動日】2011年9月23日(祝・金)・24日(土) 
会員であるJAそうまの職員からの依頼を受け、関東支部の会員を含む12名の会員で福島県南相馬市を訪問。2日間で3か所の仮設住宅、約150人にセラピューティック・ケアをお届けした。

【活動日】2012年6月7日(木)・8日(金) 会員であるJAそうま(福島県)の職員と連絡を取り、会員7名で2度目の南相馬市訪問。7日は、継続的に被災者にケアが届けられる態勢を作ることを目的に、現地で被災者支援を行っているJAそうまのボランティア団体「すずらん会」の方たちに簡単なセラピューティック・ケア講習会を無料で実施。翌8日は、すずらん会の方々と共に前田仮設住宅(福島県相馬市)を訪問、約30名の方にケアを行った。

【活動日】2014年9月21日(日)
NPO法人まごころサービス福島センターさまのご協力により、午前中は独立行政法人 福祉医療機構助成事業として子育て支援イベント「わらべうたで遊ぼう&ふれあいマッサージ」を同センター内で開催。午後は浪江町社会福祉協議会にお手配いただき、南矢野目仮設住宅(福島市)にて、男女20名の方にケアを受けていただいた。南矢野目仮設住宅は、原発事故が原因で避難されている浪江町の住民が多く、先の見通しが立たないまま、3年に及ぶ仮設住宅での暮らしを続けており、ストレスが体にも影響を与えているように感じた。

【活動日】2016年4月8日(金)
絵本作家であり、復興みなさん会のメンバーとして被災者支援をされている工藤真弓さんとのご縁から、南三陸町の志津川中学校 仮設住宅集会所・戸倉中学校 仮設住宅集会所にて被災者の方々計27名にセラピューティック・ケアをお届けした。


熊本地震


【活動日】2016年4月29日(祝・金)
近代経営の栗谷さま・松崎さま・内村さま、家庭的保育室はぐくみの野村さまのコーディネイトにより、熊本市立託麻西小学校 避難所および熊本県立東稜高等学校 避難所を8名で訪問、被災者の方々約25名にセラピューティック・ケアをお届けした。
【活動日】2016年5月2日(月)
ふたたび近代経営さまと野村さまにコーディネイトしていただき、太宰府市社会福祉協議会より出していただいた熊本市内までのバスで、熊本学園大学 避難所・特別養護老人ホーム天寿園・熊本市立一新小学校 避難所(いずれも熊本市内)を18名で訪問、被災者の方々約90名にセラピューティック・ケアをお届けした。

【活動日】2016年5月4日(祝・水)
当協会のインストラクターでもある山中さんからの要望を受け、10名で訪問。山中さんのコーディネイトで、熊本市立花陵中学校 避難所・熊本ハーベストチャーチ 九州キリスト災害支援センター・熊本市立五福小学校 避難所(いずれも熊本市内)の被災者の方々約30名にセラピューティック・ケアをお届けした。

【活動日】6月25日(土)
熊本YMCA赤水保育園を訪問し、セラピストが保護者・保育者にセラピューティック・ケアを施術して リラックスしてもらったあと、 親子のふれあいマッサージ「インファントセラピー」のワークショップで 親子のふれあいによる心身のケアを行った。
この訪問はNHK福岡放送局から同行取材を受け、後日、九州全域で放送された。

【活動日】9月7日(水)
学校法人本田学園 あじさい保育・幼稚園にて、 園児の保護者や、ボランティアに見えていた近畿大学の学生さんのケアを行ったあと、熊本市内に移動し、
17:00から夜にかけて、熊本市総合体育館にて被災者の方々にセラピューティック・ケアをお届けした。
また午前中は南阿蘇村 久木野市庁舎を訪問、8月7日のチャリティコンサートで集まった義援金65,000円を直接お渡しした。

【活動日】10月22日
阿蘇YMCA黒川保育園を訪問し、セラピストが約20名の保護者・保育者にセラピューティック・ケアを施術して リラックスしてもらったあと、
親子のふれあいマッサージ「インファントセラピー」のワークショップで親子のふれあいによる心身のケアを行った。


チャリティイベント実施


チャリティイベントを2回実施し、会員有志で集めた募金と合わせ合計247,902円を被災地に寄付しました。

【活動日】2016年5月25日(水)
太宰府市NPO・ボランティア支援センター「うめさろん」のご協力により、太宰府市役所 市役所前スペースにて熊本地震被災者支援のチャリティイベントを開催。赤ちゃんを抱っこした若いママからご年配の方まで、老若男女81名の方にご協力いただき、集まった募金65,904円を義援金として熊本県庁に送金しました。

【実施日】8月7日(日)
場所:健脳リハビリテーションららら(太宰府市)
熊本地震被災地支援チャリティコンサート・橋本昌彦さん「心のコンサート」を開催、約100名が来場された。
チケット代1,500円のうち500円を、後日南阿蘇村に寄附金としてお届けした。